Unity 3D でできることその2~キャラを動かしてみよう~

皆さん、おはこんばんにちは。毎週レポート2,3本抱えて死にそうなザックです。

 

この記事は前回のザックのブログの続きで第2回の記事となります。

前回の記事を見ていない方は是非見ていってください。

今回はいよいよキャラクターを動かします。まずは前回のprojectを開きましょう。

 

f:id:zakimas:20181201164327p:plain

本来はキャラクターを3Dモデリングソフトで作ってそれをUnityにインストールする

ところですが、3Dモデリングはどちゃくそ時間がかかるので 

ユニティちゃん 3Dモデルデータ - ダウンロード - UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE

 ここからダウンロードしちゃいます。

 

 

f:id:zakimas:20181215210646p:plain

デスクトップや、ダウンロードフォルダなど、わかりやすいところに置きましょう。

 

unityちゃんがダウンロードできたら、Unity編集画面に戻り、左上のAssetsから

Import packageを選択、Custou packageを選び、先ほどダウンロードした

Unityちゃんのダウンロードフォルダを選択しましょう。Importを押すと、必要な分がダウンロードされます。

f:id:zakimas:20181215211016p:plain

ProjectにUnityChyanファイルが表示されればOKです。

 

 

次に、フィールドにUnityちゃんを乗っけてみましょう。

 ProjectからUnityちゃんフォルダをクリック。Modelsを選択すると…

f:id:zakimas:20181215213159p:plain

いましたね。この子です。Unityちゃんをドラッグアンドドロップでフィールドに持っていきましょう。

f:id:zakimas:20181215213548p:plain

 

次にキャラクターを操作する機能をつけましょう。今のままではただの置物です。

 

まず左上のモード選択が左から2番目、十字の矢印になっていることを確認します。この状態を維持したまま編集します。

f:id:zakimas:20181215214316p:plain

次に、フィールドに乗っけたUnityちゃんをクリックしましょう。輪郭がオレンジ色になります。そのままで画面左上、左から5番目のComponentからPhysics、その中のCharacter Controllerを選択します。ここで画面右下のInspectorにCharacter Controllerが見えていれば大丈夫です。

f:id:zakimas:20181215214903p:plain

ここで編集することはCenter(当たり判定の中心)、Radius(当たり判定の半径)、

Height(当たり判定の高さ)です。

CenterのYを0.75、Radiusを0.25、Heightを1.5にするとちょうどいいかもしれません。

f:id:zakimas:20181215220947p:plain

このように緑色の枠がきちんと囲えていればOKです。

 

 

f:id:zakimas:20181215234938p:plain

次に画面下のAssetからScriptsを選択、一番最後のスクリプトドラッグアンドドロップします。対象は、HierarkyのUnityちゃん本体です。

f:id:zakimas:20181215235059p:plain


これで動くかと思うかもしれませんが、まだ動きません。現状、Unityちゃんは質量をもっているが、地面には質量がなくそのままUnityちゃんだけがすり抜けてしまうといったところです。これを防ぐために以下の作業をします。

f:id:zakimas:20181215235505p:plain

Hierarkyのterrainをクリック。画面右側に上の写真のように表示されると思います。その中のIs Kinematicにチェックを入れましょう。

f:id:zakimas:20181215235823p:plain

同じくHierarkyのUnitychanを選択、Is Kinematicにチェックを入れましょう。どちらもRigidbodyの項目にありますね。後々大事になってくるのでRigidbodyは覚えておきましょう。

 

 

こうすることで十字キーなどで動かすことができます。詳細のスクリプトを載せておきます。次回、アニメーションのつけ方をお伝えしたいと思います。

 

拓殖大学ディジタルコンテンツ研究愛好会 Advent Calendar 2018 - Adventar

 

 

Unity 3D でできることその1~フィールドを作ってみよう~

 皆さん、おはこんばんにちは。Unity全然使えてないのに、C#全然分かってないのに

Unityできますとかイキっているザックです。プログラミングのプの字も理解してない私ですが、今は必死にUnity公式チュートリアルを潰している最中です。

 Unityを始めたきっかけは音楽制作が敷居高すぎてうわぁむりぃってなってゲーム開発できるソフト探していた時に見つけたってだけです。最初は「なんか英語分からん」とか思いながらも、言われたとおりにやってればなんかそれっぽいサムシングができました。言われたとおりにスクリプトを貼っ付けたら動きました。自然と"オブジェクト指向"なるものがわかってきた気もするようなしないような…

とにかく、何とかなります。そのうちできます。英語分かれば…  (勉強しろや)

 今回は導入。まずゲーム作りの最初の最初、フィールド作ってみたいと思います。次回はキャラを配置して動かすところまで紹介できたらいいなーなんて思ってます。お楽しみに。Unityのダウンロードは済ませているつもりで説明しますので、まだダウンロードしてない方はここからどうぞ。

Download - Unity

「Unityを選択+ダウンロード」から"personal"を選択し、インストーラーの指示通りにダウンロードしてください。

完了したらさっそく開き、Newを選択、名前を決めて"Create project"をクリック。さあ、始めましょう。

f:id:zakimas:20181201004338p:plain

 

 

"hierarchy"から"create"を選択、"3D object"の中の"terrain"をクリックします。左上の画面に白い更地が出てきました。ここがフィールドになります。"Hierarky"の"terrain"をクリックしてください。

f:id:zakimas:20181201155709p:plain

ここで右端、"Inspector"内の"terrain"をクリックしますが、何もありません。実はまだ"terrain"の中身はありません。ですのでダウンロードしちゃいましょう。

 

一番上のバーの左から3番目、"Assets"から"Import package"を選び、"Environment"をクリック。"Import"を押してダウンロードします。この"Environment"がUnity初期装備のテクスチャです。

f:id:zakimas:20181201171626p:plain

ここで、"Asset"からではなくその下辺りにある"Asset Store"から他のテクスチャをダウンロードしてみてもいいでしょう。"Environment"が表示されない場合は"Asset Store"から「Unity公式アセット」で検索してください。

f:id:zakimas:20181201160545p:plain

 

 

ダウンロードができたらInspecterの"terrain"をみてください。左から4つ目の筆マークをクリック。

f:id:zakimas:20181201161734p:plain

"texture"の下に"edit texture"というボタンがありますのでクリック。"Add texture"を選択すると先ほどダウンロードしたテクスチャが出てきます。

f:id:zakimas:20181201160919p:plain

"select"をクリック。よさげなテクスチャを選んで"apply"を押すと……

f:id:zakimas:20181201161231p:plain

わぁすごい、草が勝手に(棒) 

 

 

4

しかしこれでは平坦でいまいちフィールド感がない。ここで、terrainの一番左の山マークを選択しましょう。

この状態で左上の画面のフィールドをクリックしてみると…

f:id:zakimas:20181201162133p:plain

 

f:id:zakimas:20181201162751p:plain

お山ができます。長押しするとどんどん高くなります。

 

 

関係ないですけど地面気持ち悪いですね。直しときます。

f:id:zakimas:20181201164327p:plain

あとはお好みで木を生やしたり、花を生やしたり、オブジェクト(小屋とか)を置いていけば完成です。あとはもうお好みです。"hierarchy"から"create"を選択、"3D object"の中から適したものを選んで乗っけるだけです。基本的には木もそうしますが、オリジナルの木を作ろうとすることもできます。ですがそれはまた今度。

 

 

 

いかがでしたか。結構簡単にフィールド1つはポンとできます。あとはどこまで凝るかです。凝れば凝るだけ際限がないので参考画像貼っときますね。

f:id:zakimas:20181201165335p:plain

f:id:zakimas:20181201165346p:plain

もう可能性は無限大です。ここでAsset Storeを活用すると、上のような複雑なフィールドを作ることも不可能ではありません。

 


ここで再び紹介しますが、Unityの長所の1つにAsset Storeが非常に充実していることが挙げられます。無料でも素晴らしいコンテンツが多数そろっており、テクスチャだけでなく2D.3Dオブジェクトや音楽、アニメーション、背景、スクリプトなど様々なものが配布、頒布されており、開発の手助けから素敵なデザインまで何でもそろいます。

まるでイオン

 

参考に、あのユニティちゃんと呼ばれている「大鳥こはくちゃん」(CV:角元明日香←ココ大事)の格闘アニメーションの紹介ブログを貼っときます。

ファイティングユニティちゃん vol.1~10 詰め合わせ 有名な「格闘ゲームの開発者」によるプロの格闘モーションがすごい - Unity AssetStoreまとめ

これだけでも簡単な格ゲーみたいなものができそうです。

 

 

 

では今回はここまで。次回は12月15日の予定です。

 

adventar.org

夕子デッキの考察 from ラクエンロジック

ロジカリストチャンピオンシップinWGP2017に参加された皆さん、大変お疲れ様でした。


今回私は夕子先輩のデッキで挑んだのですが、これまた面白いデッキだなぁと思ったのでさらっと書いていこうと思います。
f:id:zakimas:20171217081827p:plain



夕子デッキの特徴と言えばやはり秘具デッキですね。

ここの中身で個人差が出るのかなと思いますが、リオンがまだ健在である以上、

「七色の錬成 」は当然必要になってくるでしょう。

f:id:zakimas:20171217082141p:plain

ニーナにも使えますが、TRリオン潰しと言った方がしっくりきます。

錬成2帯は shiny day live で登場した「ディライトシャワー」も採用しようか悩みましたが

結局「トライアルチョイス」で収まった感じですね。



メインデッキについては、「七色の錬成」と、「応急救護」の2枚がデカいですね。

1.「七色の錬成」(貫通)はきちんと仕事してくれました。

毎ターンきっちりEXソウル要員を潰していけば、3.4ターン目当たりで

門の上に素出しが出てくるので気持ちいいくらいに吹き飛ばせます。

それを知らずに前衛に、EXソウルマンを置いて後ろにソウルなしを置く人が見受けられました。

まあキレイに吹き飛ばしましたが。

ニーナの「ダイナミックアンサンブル ニーナ」と、「天を翔ける翼 ニーナ」

f:id:zakimas:20171217083751p:plainf:id:zakimas:20171217083818p:plain

のレベルから飛び出すパターンも太刀打ちできるので強い。

自動効果についても対応逆理で2コス錬成4はまあ嬉しいこと嬉しいこと。

対応逆理自身で2コス錬成2ができるのも強く、これで「手作りの味」が相手ターンでも効果を使えますね。

f:id:zakimas:20171217081857p:plainf:id:zakimas:20171217081948p:plainf:id:zakimas:20171217083430p:plain



2.「応急救護」はLDで攻撃時も、防御時も錬成が打てる優秀な人材です。

上の「七色の錬成」と共に4ターン目、5ターン目に並べることでかなり貫通を手助けできます。

このカードは自身が錬成した回数×2000上昇するので、あっという間に2枚要求をこえます。

f:id:zakimas:20171217081935p:plain





もっと書きたいことがいっぱいありますが、一言で言うと今の夕子は環境とも渡り合えるのでは?ということ。

EXソウル持ちを潰し、相手の白切れを起こせばかなり戦いやすくなる。

リオンの双剣ケアなどそれぞれ対策は必要ですがだいたい勝ちパターンが見えてきますね。



唯一の懸念材料は「希望の祈り ニーナ」ですね。

f:id:zakimas:20171217082045p:plain

あれは無理。残り2門は最低でも守りましょう。

私はサン、ムーン、スターの強い動きがまだよく分かってないので、もしかしたら間違った構築にしてるかも知れません。

次は Twincle night live も含めてアイドル対策も考えて行きたいですね。





では今日はここで失礼します。


ディジコンアドベントカレンダー
adventar.org